いつきコンテンツ

ヘルプ

カウンター


2009-04-22 もふもふ

ふひー?

[日記][メモ][Windows] Windows XP(Pro)にSubversion入れてみた

WindowsクライアントにはTortoiseSVN 1.6.1を放り込んだ。ついでにTortoiseSVN日本語パック も入れる(Language packsからJapaneseを選択)

WindowsサーバにはSlik SVN 1.6.1を入れる。

んでもって、Slik SVNをインストールしたディレクトリ(今回はC:\Program Files\SlikSvn)で、

svnadmin create レポジトリのパス

でレポジトリを作成する。

んで、次はサービスへの登録。※ここから先はインターネットに公開するサーバの場合、超危険なので注意して行う※

sc create svnserve binpath= "\"C:\Program Files\SlikSvn\bin\svnserve.exe\" --service --root レポジトリのパス" displayname= "Subversion Server" depend= tcpip start= auto obj= "NT AUTHORITY\LocalService"

妙な空白も意味あるので注意。なんでbinpath=の後に半角空白が入ってるんだとかつっこみどころいっぱいだけど気にしちゃ駄目。

これで、サービスにSubversion Serverが登録されたはず。後はスタートと行きたい所だが、その前にレポジトリにLocalServiceからアクセスできるように設定しないといけない。

Windows XP Proでは、「レポジトリのパス」のディレクトリのプロパティを選択して、「セキュリティ」追加、で「LOCAL SERVICE」にフルコントロールを与えればOK。

で、これだけじゃコミット出来ないらしいので、レポジトリのパス\conf\snvserve.confをいじくる。

[general]
anon-access = none
auth-access = write
password-db = passwd

これで、どうディレクトリにあるpasswdってファイルで認証、匿名アクセス不許可になるらしい。

んで、passwdに適当にユーザを追加する。

[users]
username = password

複数ユーザ使う時はusername = passwordの行を増殖させればOK。真面目にやるならapacheとかの認証使うというのも一つの手だがめんどくさいので今回はパス。

参考情報:svnserve ベースのサーバ

んで、TortoiseSVNからインポートする時に、リポジトリのURLにsvn://マシン名/適当なパス/ としておけばいい。

これで一通りは終了、と。

ついでなのでバックアップ体制を作っておく。

バックアップ先にレポジトリを作った後、hooks/pre-revprop-change.batに

exit 0

と書いて保存。

svnsync init でバックアップ先のリポジトリを初期化

svnsync init file:///バックアップ先のパス svn://バックアップ元のパス

バックアップ先のパスは\じゃなくて/で区切る。

あとは、

svnsync sync file:///バックアップ先のパス

でバックアップ完了。バッチファイルにしてダブルクリックでバックアップをするようにした。

参考情報:Subversionリポジトリのバックアップ( svnsync )

さて、使い方の勉強でもするか……(笑)

[ネタ] 米国防総省にクラッカー侵入、F-35の情報が漏洩

インターネットと繋がってるのか……。

Last Update: 2018-07-13 17:15:49

カレンダー

2003|04|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|07|08|11|
2013|03|05|08|
2014|01|
2015|04|05|06|07|09|10|12|
2016|01|03|05|06|10|11|
2017|06|
2018|05|08|09|10|11|
2019|04|
Generated by tDiary version 4.1.2 + amazon(DB Patch 0.2.1) + counter(DB Patch 0.2) + IKPatch version beta 4.0.1.
Powered by Ruby version 2.1.5-p273 with ruby-fcgi