いつきコンテンツ

ヘルプ

カウンター


2009-03-05 A.I.レボリューションって懐かしいよね!

ちょっと昔の少女漫画だ。

良い記事はないかと思ったがwikipediaに日本語記事が無くて英語版Wikipediaにあった! そこからリンクを辿ってAmazonへリンクを張っておく。

なんで英語版の方にあるねん(笑)

んー、人工知能とかロボットとかと恋愛をかぶせた話です。ワシは結構好き。

今日偶然ブックオフで見つけて読みふけってたのさっ(笑)

[情報] 主要ブラウザすべてに影響する「クリックジャッキング」攻撃とは

クリックジャッキングの概念図。標的サイトを透過指定し、他のHTMLコンテンツの上に配置する

散々予測されてたけど大体そのとおりの模様。

Webサーバーの側で「X-FRAME-OPTIONS」というHTTPレスポンスヘッダーを指定することで、コンテンツが外部サイト上のフレームに表示されることを拒否することが可能

そしてまた怪しげなヘッダが増えていく……(笑)

[情報] 「Firefox 3.0.7」公開、5件の脆弱性を修正

今日、Firefox 3.0.5からのアップデートにミスってたのがすんなり入ってほっとしたらバージョン一個飛んでびびった。

[情報][メモ] null参照の考案は10億ドル単位の過ち?

ヌルポと聞いて。

個人的には意味不明な物を差していてセキュリティホールになるよりnull pointerで落ちてくれた方が気楽だったりします。

Cに慣れすぎか?(笑)

[ネタ][RO] 【RO】公(略 確殺狩りしてきた‐ニコニコ動画(ββ)

久々にROネタ(笑)

ちょっと面白かったので(笑)

[情報][FreeBSD][日記] FreeBSDってデフォルトで一つのプロセスが利用出来るメモリ使用量を制限してるのか

しらんかった。

FreeBSD QandA 718によると

datasize の値を大きくしてから実行しましょう

だそうで。

うちだと512Mになっていた(多分デフォルト値

……うちのMySQL、全力で負荷かけると落ちるかな……(苦笑 まぁとりあえずはいいや。

探してたら、ただし、FreeBSDの場合はこのままではunlimitedにはならない。

確かに。

4.5R以降では以下の変数を/boot/loader.confで指定することもできるようだ。
kern.maxdsiz
kern.dfldsiz
kern.maxssiz

上から順に、datasize、デフォルトのdatasize、stacksizeっぽいね。

/boot/loader.confに

kern.maxdsiz="2047M"
kern.maxssiz="2047M"

と書いて再起動すればいいらしいよ! by ttt: (FreeBSD) unlimit datasizeしても512MBまで?

そのほか情報源 FreeBSD kernel tuning MySQL :: MySQL 5.1 リファレンスマニュアル :: 2.13.4.1 FreeBSD に関する注釈

2G以上を指定すると危険な香りが@32bit環境なので、上の設定は2Gよりちょっと小さくしてます。デフォルトサイズを2G近くにするとかなりの勢いでセキュリティ的にどうよなので、デフォルトサイズはいじってません。いじる時はkern.dfldsiz="2047M"な。必要なプロセスだけunlimit datasizeとしてやるのが良いかと思われます。

多分だけど、他のそれっぽいのは、sysctl kern | grep maxとかやると取れそうなので、それぞれ値を設定。無茶はしないように(笑)この辺とちるとkernel panicになるっぽいので。

[情報][メモ] Heartbeatでかんたんクラスタリング

オープンソースのHAクラスタソフト

[情報][メモ] DRBDは、ハイアベイラビリティ(HA)クラスタを構成するときに有用なブロックデバイスを提供します

共有ディスクを使わずにHAクラスタを作る時に勝手にディスクsyncしてくれるソフト

HAクラスタソフトと組み合わせればHAクラスタが共有ディスク無しで作れます。ちょっと信頼性が怪しいかもしれんが(特にFreeBSDの場合ジャーナルなファイルシステムじゃないからねぇ)

InnoDB@MySQLならそれなりに使えるかもしれん。

[日記][ネタ] 三鷹市役所の建築指導課のポスターが、『手乗りタイガー』な件

写真見せて貰った。

これわぁぁぁぁあーああああああーあーあーあーあーあーあーあーあー

Last Update: 2009-03-11 02:42:41

カレンダー

2003|04|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|07|08|11|
2013|03|05|08|
2014|01|
2015|04|05|06|07|09|10|12|
2016|01|03|05|06|10|11|
2017|06|
2018|05|08|09|10|11|
2019|04|08|
Generated by tDiary version 4.1.2 + amazon(DB Patch 0.2.1) + counter(DB Patch 0.2) + IKPatch version beta 4.0.1.
Powered by Ruby version 2.1.5-p273 with ruby-fcgi