いつきコンテンツ

ヘルプ

カウンター


2009-05-14 だああああああああ

FreeBSDは妙な制限のあるなぁ!

[日記][FreeBSD] ユーザの所属グループ数が16を超えられない&ユーザ名が16文字まで……を緩和

所属グループ数はsrc/sys/sys/syslimits.hにNGROUPS_MAX 16って定義されていてこの値が定数になるらしい。

情報源:(FreeBSD) 所属するgroup数が多すぎるとログインできなくなる samba::FreeBSD の 最大所属グループ数は16。

まさにこれにはまってapacheが起動しなくなった(笑)

書き換えてbuildkernel && buildworldしようかと思ったが色々使われてるのな……(;´Д`)

定数的に使われてるので変えたらだめな値らしい。

むむむ……。

cvsupかけるとCheckoutされてくるからなぁ……。すっごい変更するの忘れそうだ。

とりあえず、10000にしてkernel,world,apacheだけリコンパイルしておいた(※portsなどで入れるアプリでも定数として使っているので必要なものはアップデートしましょう)

kernelアップデートしたら帰ってこなくなった'`,、('∀`)'`,、

FreeBSD 5.4 GENERIC で調べてみた(サンプルがこれしかなかった)

OK: 255, 1024

NG: 10000, 4095, 2048

255でしばらく運用してみるかなぁ。とりあえず10000は多すぎると言うことが分かった(笑) きっと今の(帰ってこないサーバ)は再起動を繰り返しているに違いない。なんだかハード的に壊れそうでイヤンな感じ。

ちなみにLinuxの新しいのだと65536らしい。それはそれで多い気がするぞ(笑)まぁいいけど。

大量にグループ使ってるのはとりあえずapacheだけなので。

情報:NGROUPS_MAX

ついでにユーザ名の長さ制限も緩和

/usr/src/include/utmp.hのUT_NAMESIZEを32に、/usr/src/sys/sys/param.hのMAXLOGNAMEを33に緩和。

情報:Birds Of a Feather FreeBSDでのアカウント文字数変更

[ネタ] 男の子牧場が問題に。そして、女の子牧場、最後に男の娘牧場作ってみた(サイバーエージェントの新サービス「男の子牧場」に抗議が集まる の件)

ドメインがotoboku.jpだと! otoboku.comとotoboku.netはアニメ版おとボクに押さえられてるからあいてるotoboku.org使って遊んでやる! というわけで作ってみました。

とりあえず1年限定の予定。

男の子牧場が閉鎖したら別目的に使います、多分。

関連:「男の子牧場」で知人男性の個人情報を共有

おお、男の子牧場@まとめ - 女の子牧場からリンクが(笑)はてなブックマークからも。/.jpからも(笑)

全部は追い切れませんが……アクセスありがとうございます。もちょっと気合いを入れて何かできるように……いや、どうしよう?

[情報][メモ] 総務省の委員会でB-CAS以外のコンテンツ保護システム立ち上げが検討される

B-CASはなんだったんだ部門より。

最初にやれよ、って感じですな。

Last Update: 2009-05-15 05:50:11

カレンダー

2003|04|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|07|08|11|
2013|03|05|08|
2014|01|
2015|04|05|06|07|09|10|12|
2016|01|03|05|06|10|11|
2017|06|
2018|05|08|09|10|11|
2019|04|
Generated by tDiary version 4.1.2 + amazon(DB Patch 0.2.1) + counter(DB Patch 0.2) + IKPatch version beta 4.0.1.
Powered by Ruby version 2.1.5-p273 with ruby-fcgi