いつきコンテンツ

ヘルプ

カウンター


2009-01-07 早寝早起きに挑戦

寝過ごすに1票(笑)

[日記][プログラム] サーバーにSQLite3を入れる

あくまでユーザ環境で。

cd ~/src
ftp http://www.sqlite.org/sqlite-3.6.7.tar.gz
tar xvzf sqlite-3.6.7.tar.gz
cd sqlite-3.6.7
./configure --prefix=$HOME
make
make install

これでインストール完了。rehashしてsqlite3とか叩けば使えるようになっています。

[日記][プログラム] サーバにsqlite3-rubyを入れる

gem18 install sqlite3-rubyで行けるかなーと思ったけどsqlite3.hがねーよ、と怒られたのでRubyForge: SQLite-Ruby: Project Infoからsqlite3-rubyなtar.gzをダウンロードしてインストール。ちなみに入れたのはsqlite3-ruby-1.2.4.tar.gz

お約束だが

cd ~/src
ftp http://rubyforge.org/frs/download.php/42056/sqlite3-ruby-1.2.4.tar.gz
tar xvzf sqlite3-ruby-1.2.4.tar.gz
cd sqlite3-ruby-1.2.4
ruby setup.rb config --prefix=$HOME -- --with-sqlite3-dir=$HOME
ruby setup.rb setup
ruby setup.rb install

……で行こうと思ってhelp見たらgem installでも行けそう。

改めて。

gem18 install sqlite3-ruby -- --with-sqlite3-include=$HOME/include --with-sqlite3-lib=$HOME/lib

chown/chgrp: Operation not permitted
*** Error code 71

はいrootでインストールしようとしあがりましたー

なにか悔しいのでググったらさくらインターネットで、gem install すると「chown/chgrp: Operation not permitted 」と叱られる件の対応ってのを見つけた

/usr/local/lib/ruby/1.8/i386-freebsd6/rbconfig.rb を見ると
> CONFIG["INSTALL"] = ENV['RB_USER_INSTALL'] ? '/usr/bin/install -c' : '/usr/bin/install -c -o root -g wheel'
とかいう記述がある
よって
setenv RB_USER_INSTALL true
とかコマンドラインで入力してから rubugemsをインストールすればいい

あー、確かにあるわ(笑)

というわけで、改めて。

setenv RB_USER_INSTALL true
gem18 install sqlite3-ruby -- --with-sqlite3-include=$HOME/include --with-sqlite3-lib=$HOME/lib

Successfully installed sqlite3-ruby-1.2.4
1 gem installed
Installing ri documentation for sqlite3-ruby-1.2.4...
Installing RDoc documentation for sqlite3-ruby-1.2.4...

これでちゃんとインストールされました。

……と思ったらrubyでrequire 'sqlite3'ってやると、んなもんねぇと怒られる。なんじゃそりゃー 追記:最初にrequire 'rubygems'がいるのね。納得。

しょうがないので、前者(ruby setup.rbの方法)でやった。やっぱだめじゃーん。

参考にしたところ:Sakura サーバに sqlite3-ruby をインストールしてみる

しょうがないのでログを読んでみる……

---> lib
mkdir -p $HOME/lib/ruby/site_ruby/1.8/

RUBYLIBに足りない気がする……(笑)

というわけで、~/.cshrcをいじくる

setenv RUBYLIB $HOME/lib:$HOME/lib/ruby/site_ruby/1.8

よし、エラーを吐かなくなった!(笑)

……やっぱり

gem18 install sqlite3-ruby -- --with-sqlite3-include=$HOME/include --with-sqlite3-lib=$HOME/lib

でインストールするのが良いみたい。

ついでに手動で入れたsqlite3-ruby-1.2.4をアンインストール。

cd ~/src/sqlite3-ruby-1.2.4
ruby setup.rb distclean

っと。

ここまでやってrubyで

require 'rubygems'
require 'sqlite3'

ってやって怒られなくなった。

[日記][プログラム] railsってコマンド入れたらエラーが出るよー

具体的にはこんな感じ

$HOME/lib/ruby/gem/gems/rails-2.2.2/bin/../lib/rails_generator/options.rb:32:in `default_options': undefined method `write_inheritable_attribute' for Rails::Generator::Base:Class (NoMethodError)
from
$HOME/lib/ruby/gem/gems/rails-2.2.2/bin/../lib/rails_generator/base.rb:90
(以下略)

んなこと言われましても(笑)

調べていって、

require 'rubygems'
require 'activesupport'

って実行してエラーにならね? と言われた。エラーになった。

なんじゃこりゃぁぁぁーーー(笑)

しょうがないのでもう一回gem18 install rails --include-dependenciesを叩いてみる。やっぱり怒られた。

んじゃぁ、gem18 install rails activesupportでどーだ!

まだだめか!

んじゃぁ、gem18 install rake activesupport activerecord actionpack actionmailer activeresource railsならどうだあぁぁぁーーーんでもだめかーーーー!

と思ってエラーメッセージでググる。#8500 (rails bin raises: undefined method write_inheritable_attribute for Rails::Generator::Base:Class (NoMethodError)) - Rails Trac - Tracって所に

require 'rubygems'
require 'activesupport'

ってやってみそ? って書いてあった。やってみる。

no such file to load -- iconv (LoadError)

Rails 2.2 - undefined method write_inheritable_attributeによると、

your problem is a missing libiconv, which supports internationalization in Rails 2.2.

らしい。iconv入れろと。

iconv - Rubyリファレンスマニュアルってページがヒット。多分これ。システムにはlibiconvが入ってるからruby周りかな。

……これはユーザー権限で入れるのを諦めて/usr/ports/converters/ruby-iconvでmake installしました。インストールされません(笑)しゃーないのでmake clean && make installでインストール。なんかrubyも再展開されたけど気にしない。

やっとrailsコマンドが動くようになったよー(何だったんだこの2時間は

Last Update: 2015-06-29 20:49:22

カレンダー

2003|04|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|07|08|11|
2013|03|05|08|
2014|01|
2015|04|05|06|07|09|10|12|
2016|01|03|05|06|10|11|
2017|06|
Generated by tDiary version 4.1.2 + amazon(DB Patch 0.2.1) + counter(DB Patch 0.2) + IKPatch version beta 4.0.1.
Powered by Ruby version 2.1.5-p273 with ruby-fcgi