いつきコンテンツ

ヘルプ

カウンター


2004-01-31 暇を見て作ってる

新サーバーのインストールメモ

[FreeBSD] ports/mail/qmail

WITH_QMAILQUEUE_PATCH 環境変数でqmail-queueの代わりを指定可能にする

WITH_BIG_TODO_PATCH 巨大なtodoを扱えるようにする?

WITH_BIG_CONCURRENCY_PATCH 謎

WITH_OUTGOINGIP_PATCH 出ていくIPをcontrol/outgoingipで設定可能に

例のposバグとかの修正はまだの模様…とりあえず、make patchした後、

--- qmail-smtpd.c Mon Jun 15 13:53:16 1998
+++ qmail-smtpd-patched.c Mon Jan 19 15:22:23 2004
@@ -316,8 +316,8 @@
if (flagmaybex) if (pos == 7) ++*hops;
if (pos < 2) if (ch != "\r\n"[pos]) flagmaybey = 0;
if (flagmaybey) if (pos == 1) flaginheader = 0;
+ ++pos;
}
- ++pos;
if (ch == '\n') { pos = 0; flagmaybex = flagmaybey = flagmaybez = 1; }
}
switch(state) {

こんなパッチを当ててから、make && make install

どーもperlがいるらしい(´・ω・`)

それはともかくとして。

make install後、make enable-qmail && make force-enable-qmailあたりをやっておくと幸せになれます。

あー、make installworld後もこの二つはいるかも。

さらにこの後、設定がいります。

cd work/qmail-1.03 && ./config-fast ドメイン名

今回はdaemontoolsから起動するのでそのための設定を書く。

/service/.qmailにparm 755でrunというファイルを作る。

中身は

#!/bin/sh
exec env - PATH="/var/qmail/bin:$PATH" \
qmail-start ./Mailbox /usr/local/bin/multilog t s1000000 n20 /var/log/qmail

こんな感じ。

作ったら、mv /service/.qmail /service/qmailで起動を確認。

ついでにtcpserverを使ってSMTPサーバーを立てる。

/service/.qmail-smtpdにrunというファイルを作る。

中身は

#!/bin/sh
exec 2>&1
exec /usr/local/bin/tcpserver -u qmaildのUID -g qmaildのGID \
-v -p -R 0 smtp /var/qmail/bin/qmail-smtpd

さらに、/service/.qmail-smtpd/logというディレクトリを作り、中にrunというファイルを作る。

中身は

#!/bin/sh
exec setuidgid ログ取り用ユーザー名 multilog t s1000000 n20 /var/log/qmail-smtp

こんな感じ。

で、mv /service/.qmail-smtpd /service/qmail-smtpdとして、起動を確認すればOK。

[FreeBSD] ports/lang/perl5.8

make ; make install; use.perl port

jail環境内だと色々エラーになるが気にするな!

エラーが気になるなら;じゃなくて&使う

[FreeBSD] kernelアップデートしたら

5.2.1-RCになってた。

( ゜Д゜) < な、なんだってーーーー

[FreeBSD] jail作るときに

/usr/src/etcでmake distribution DESTDIR=targetを忘れやすい。

あと、jail/devを作り忘れやすい(笑)

devfsをmountするのがいやなので、mknodでちまちま作る。こんなページ(やる気がありません。/massさん)見つけて、制限できることが発覚…それは後の方で書いてある。

普通の作り方は、jail対象のディレクトリを/jailとすると

cd /usr/src

make buildworld

make installworld DESTDIR=/jail

cd etc

make distribution DESTDIR=/jail

かな。

アップデートの時は、installworldまでやりなおす事になる。(普通はbuildworldしてるでしょうが)

[Unix] ezmlm(qmailadmin入れるときに勝手に入る)のインストールで

/usr/local/bin/ezmlmrcをコピーし忘れるとうまく動かないですよ。

ezmlmrc.jpをコピーしておきましょう。

[Unix] CPUとかマザーボードとかの温度検出・電圧・ファン回転数検出。

xmbmonを入れれば、対応してるマザーなら検出できる。

結果はこんな感じに

Temp.= 38.0, 41.5, 54.5; Rot.= 7584, 9642,    0
Vcore = 1.54, 1.65; Volt. = 3.39, 5.11, 11.80, -11.79, -5.15

[FreeBSD] vpopmail

make WITH_QMAIL_EXT=yes WITH_FILE_SYNC=yes WITH_DOMAIN_QUOTAS=yes HARDQUOTA=n RELAYCLEAR=1 VCHKPW_GID=vpopmailのGID VPOPMAIL_UID=vpopmailのUID WITH_CLEAR_PASSWD=yes

でコンパイル。

clearopensmtpをcronに登録するのを忘れないように。

vpopmailユーザーで、crontab -eとしておいて、

*/1 * * * * /usr/local/vpopmail/bin/clearopensmtp 2>&1 > /dev/null

(vpopmailユーザーになれない(シェルが無い)ときは、setuidgid vpopmail /bin/tcsh当たりを使うと楽。)

ちなみにこの方法でコンパイルすると、ユーザー・ドメインに対する容量制限はデフォルトでは無制限。

一応忘れないようにメモ。

バーチャルドメイン追加: ~vpopmail/bin/vadddomain ドメイン

メールボックス作成: ~vpopmail/bin/vadduser メールアドレス

メールボックス削除: ~vpopmail/bin/vdeluser メールアドレス

バーチャルドメイン削除: ~vpopmail/bin/vdeldomain ドメイン

パスワードの変更: ~vpopmail/bin/vpasswd メールアドレス

ユーザー情報の確認: ~vpopmail/bin/vuserinfo メールアドレス

ドメインquota設定: ~vpopmail/bin/vsetuserquota ドメイン 容量

ユーザーquota設定: ~vpopmail/bin/vsetuserquota メールアドレス 容量

その他ドメイン設定変更: ~vpopmail/bin/vmoddomlimits

その他ユーザー設定変更: ~vpopmail/bin/vmoduser

pop-before-smtp使うときは、tcpserverの起動時の-x オプションに~vpopmail/etc/tcp.smtp.cdbを追加。

これでpop-before-smtpが有効になります。

ちなみに、smtpdの起動スクリプトはこんな感じ

#!/bin/sh
exec 2>&1
exec /usr/local/bin/tcpserver -u qmaildのUID -g qmaildのGID \
-x /usr/local/vpopmail/etc/tcp.smtp.cdb \
-v -p -R 0 25 /var/qmail/bin/qmail-smtpd

pop3dの起動スクリプトはこんな感じ

exec 2>&1
exec /usr/local/bin/tcpserver -x cdbファイル -v -p -R \
-u vpopmailのUID -g vpopmailのGID \
0 110 \
/var/qmail/bin/qmail-popup 自分のドメイン名 \
/usr/local/vpopmail/bin/vchkpw /var/qmail/bin/qmail-pop3d Maildir

これを使えば、上に書いたsvscanとの組み合わせでそれなりに動かせます。

[Unix] SSHDのhostkeyの作り方

/usr/bin/ssh-keygen -t rsa1 -b 1024 -f ssh_host_key -N ''

/usr/bin/ssh-keygen -t dsa -f ssh_host_dsa_key -N ''

/usr/bin/ssh-keygen -t rsa -f ssh_host_rsa_key -N ''

[FreeBSD] jailで制限付きdevfs

普通にjail_example_devfs_enable="YES"とすれば、devfsrules_jailが適用されます。

これは、nullとかzeroとかrandomとかの普通いるもの+ログインに必要な物が入ってます。

jail_example_devfs_rulesetの指定は、/etc/defaults/devfs.rule /etc/devfs.ruleの「名前の部分」で指定する必要がある模様…ここで、何回もはまった。

自分で/etc/devfs.ruleに

[devfsrules_jail_nologin=10]

add include $devfsrules_hide_all

add include $devfsrules_unhide_basic

とか指定すると、jail_example_devfs_ruleset="devfsrules_jail_nologin"らしい

jail_example_devfs_ruleset="10"とするとエラーになる(´・ω・`)

[Unix] ssl-apacheの証明書の作り方

次回以降ヽ(´ー`)ノ

Last Update: 2019-05-15 22:16:47
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
mass (2004-02-01 14:41)

devfs in jail の件、メールでのご指摘ありがとうございました。些細なことではありますが非常に気になっていたので、とてもすっきりしました。<br>感涙です。(つд`)

偽物スーパーコピーブランド専門店 (2019-05-15 22:16)

2019年新作高品質の腕時計 <br>ファッション業界に比類のない高品質だけでなく、唯一無二のデザインがあり <br>秀逸な素材と抜群な作工は完璧に融合します。しかも、色々な商品をお客様に提供しています。 <br>この中で貴方の好きな商品を選ぶことができます。 <br>お客様の需求に満足する為に、最高なスーパーコピー 代引き商品とサービスに提供されます。 <br>お客様の喜びさせることを保証します。 <br>お客様を歓迎して当店をご光臨賜ります。 <br>私達は長年の実体商店の販売経験を持って、あなたのために品質最上のブランドスーパーコピー時計、ブランドスーパー <br>コピーバッグ、ブランドスーパーコピー財布。 <br>製品はされています高品質と低価格で提供,100%品質保証. <br>★信用第一、良い品質、低価格は。 <br>広大な客を歓迎して買います! <br>★送料無料(日本全国) ご注文を期待しています! <br>★ 税関の没収する商品は再度無料にして発送します


カレンダー

2003|04|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|07|08|11|
2013|03|05|08|
2014|01|
2015|04|05|06|07|09|10|12|
2016|01|03|05|06|10|11|
2017|06|
2018|05|08|09|10|11|
2019|04|08|12|
Generated by tDiary version 4.1.2 + amazon(DB Patch 0.2.1) + counter(DB Patch 0.2) + IKPatch version beta 4.0.1.
Powered by Ruby version 2.1.5-p273 with ruby-fcgi